糸我の由良早生

由良早生

先週の市場売れ300円超/kg

今一番人気のある(※もりやん調べ)由良早生は苗木も品薄状態。

由良早生の生産適地

由良早生は日照時間が長すぎるとストレスがかかり酸味が強くなります。適地条件として写真が参考になる時間帯の撮影を行いました。私が午後14時に撮影した写真です。写真手前(糸我町)南側

水分ストレスを嫌う由良早生

糸我の園地は稀少価値がある

もりやんの園地のある糸我町は有田川を挟んで南側に位置しています。そんな立地から由良早生が人気品種となる前から敵地と考えられてきました。しかし10年以上前あたりは樹勢も弱いとされ安定した生産が難しかった事から推奨されてこなかったようです。しかし糸我の生産者同士が集まり勉強会などを定期的に開催したり樹勢報告など見えない努力を重ねて徐々に生産技術も向上してきたようです。その甲斐あって糸我で安定して生産も行えるようになり。普通に糖度12度を超える甘さ。今現在これを超える新品種は無いのではないでしょうか。糸我では同品種を生産する割合は増加しています。極早生、早生、中生、晩生とありますが極早生、早生の割合が多いのも糸我町の特徴です。

愛媛の真穴。和歌山の糸我。

そう言われる日を夢見て?日々精進?安心で美味しいみかんを糸我から全国に届けたい。