コデマリのハウス加温はじまりました。

2022年1月12日

脱サラ。46歳就農オジサンの日記を読んで下さりありがとうございます✨

コデマリはハウスで加温・無加温。露地栽培。どちらでも生産可能です。?2月の出荷を目指すならハウスの加温が必要です。今日は加温機のお話しです✨

ところで?加温機って??就農オジサンは機械に弱いのでありますww。

①空気の流れのイメージ

簡単に説明を受けました??

下手くそですが上部↑写真イメージをご覧下さい。①加温機の上部にある吸気ファンから空気が釜(本体内部)に吸入され機械内部の釜の中の空気を②ジェット機のエンジンのような機構で空気を一気に暖める仕組みのようです。↓

②ジェット機のエンジンの様です。

✔️黄色のチェックマークのとこが点火プラグ⚡。そして燃料が噴射(霧状)され点火。?炎が内部の空気がたまった釜を暖める仕組みのようです。

窓から覗くと中は火の海

?温度調節の操作盤は例えると石油ファンヒーターのように簡単に操作出来るように設計されています↓。

操作盤

このメーカーの加温機で約300坪を加温出来る設計の様です。↓型番の番号でわかります?

じゃあ400坪なら?→HK-の後が40です。↓NEPONハウス加温機のメーカーリンクです。

https://www.nepon.co.jp/nk/hk2027.html

※このメーカーの場合の話しです。

加温機の温度センサーの設置

繊細な温度管理を行う上で大切な温度センサーは?どうなっているかと言いますと↓↓↓

温度センサーセンサー↑

?️センサーの設置する場所も大切です。加温機本体に近すぎると本体からの熱?で温度が高くなります。出来るだけハウスの中央で成長点?の高さに設置するのが望ましい様ですよ✨

準備が出来たらスイッチON❗

しっかり温風が送られていますね⭕

イベントなどにあわせて出荷するには加温機の設備投資が必要となりますね?安い買い物ではありません。?いつか設備投資出来るように頑張ります。大きく改正された制度の活用もしっかりと確認することも忘れないようにしたいと思います。

今日も最後まで読んで下さりありがとうございました??